1.5頭身面付きくま

ついにアラサーにはいってしまった!私の中のクソガキが疼いてるぜ!方向性は常に漂流中!!!

死んだのが悲しいのなら嘘をつけばいいじゃない

私が最近(といってもかなり前から)目をつけているデルモ(古)がいるのだが

パパになるだと!18歳で!でき婚おめ!相手思ったより男顔ー!

とまああっちにこっちに揺れ動くことここ数日、これをどうにか創作に落としたらさぞ楽しいぞー(私が)などと考えながら、仕事をなんとかやり過ごしていた。

 

そもそも彼を追っている理由は、3年ほど前から私がどハマりしているキャラに顔のイメージがドンピシャだからなのだが、なんというべきか、本人は至っていい子なのだ。snsを見る限りは。良い子なのかまだ羽が伸びきっていないのか。バッドボーイになられた日にはあああ〜という感じだが、ちょっと私生活で女の子に尻を敷かれてるんじゃあないのか?とふと全ては憶測で、しなくても良い心配をするのであった。

 

f:id:niwaniha22:20170520094656j:image

(トレス画)

彼は未来を期待されるモデルだが、

なんだかこの一枚にでさえ、見れば見るほど辛くなるものがあるので考えるのをやめよう。

 

さて正直今私は時間がない。土曜出勤だ。

漫画内で死亡したキャラを悼むのはファンにとってそう難しくない。

ツライ。え?今いないの?ツラ

自分も死にてえ、となるばかりか、そんなことできもせずに死にてえ死にてえと、まるで死ぬ気の無い日常を送るしか脳がないのだから、考えものである。

 

ようは漫画内の物語は全て大きなハリウッドなんかの映画で、役者さんをたて、大好評の内に幕を降ろしたのだ、とかんがえた方が幸せだ。私が。

映画パロをする日がくるとは思っていなかったが、設定だけ置いておくことにする。

 

 

ジョニィジョースター(19)
今作初主演。6歳の時に国際モデル大会に出場し、スカウトされ俳優業進出。子役時は天使さながらの愛くるしい演技で人気を集めた。14歳の時、一般男性に暴力を振るい腰に銃弾を受け、少年院に入る。復活後は打って変わって情緒不安定な青少年を演じ、今作でもその演技力を遺憾なく発揮している。兄は騎手のニコラスジョースター。趣味は馬術。身長168cm。
備考。ディエゴブランドーとは旧知の仲で、幼少期から同じ馬術スクールに通っていた。

 

ディエゴブランドー(17)
モデル出身。12歳の時に町に買い出しにきた際スカウトマンの目にとまり、モデルになる。アイスブルーの瞳とプラチナブロンドの髪がトレードマーク(地毛は茶髪に近いブロンド)。今作では、孤高のライバル役を射抜くような瞳と自慢の運動神経で演じている。
ファンサービスが豊かなモデルとして知られ、instagramではファン以外にも、俳優仲間とも頻繁に交流している。身長177cm。
備考。スカウトされた際、「知らない人にはついていかない」という母との約束を思い出し、しばらく逃げ回ったらしい。

 

ジャイロツェペリ(28)
舞台俳優出身。父、弟も俳優。幼少期から演技を学び、15歳の時スティール監督の目にとまり、以降スティール映画には欠かせない存在となる。存在感がありながら安定感のある演技で有名。趣味は作詞、作曲。自身のyoutubeサブチャンネルで聞くことができる。作中で歌われる歌では作詞を手伝った。(「ピザの歌」「これがオレの一週間」)
身長184cm。
備考。「俳優になれなければ、コメディアンになりたかった」らしい。

 

 メモ帳に溜めていたもの

とにかく吐き出したかったのでだすことにした。

私は寝ることにする。

 

 

アラサーという観念

見てもらえればわかるがついにアラウンドサーティーになってしまった。

ただの言葉だが、されど言葉実に大きい。正直いって成人した時でさえどうでもよかったのだ。年とか。酒とか。年金はちょっとキたが。なんなんだオマエラ?何の許可だ?何に対する許可だよ?という具合であった。

 

と私の中で大きな転機(になったに違いない)日にブログをこしらえてみた。今までにこんなもの腐る程作っては消して来たのだ。特に何も決めないまま行ってみよう。なんのつもりか、私がかつて中学生の時にはじめてつくったブログタイトルにしてみたのだ。かわいいでしょ。

初心が?バックトゥベーシックみたいな?よくアーティストとかがやるあんな感じである

 

そんな感じで、25歳になった記念すべき日にいっておかねばならない。とバイト帰りに(フリーター)バスの中でフリック入力も出来ない女は書いた。書いたぞ!やってやった!!

明日は休みだ!スカヨハ主演の攻殻機動隊を観に行く予定なのだ!(姉と)

初日はこのくらいにして終わっておこう